税金を滞納してしまった場合

廃車は税金滞納があっても出来ます


税金滞納がある場合の廃車ですが、基本的に、滞納があってもなくても廃車は出来ます。自動車の税金は車検などの登録時に払う税金と、車検などとは関係なく支払いの義務のある税金がありますが、滞納がありうる税金は自動車税、もしくは軽自動車税だけです。それ以外の税金は登録時に前払いしているはずなので滞納と言うことはありえません。自動車税、あるいは軽自動車税を滞納しているとどうなるかと言うと、自動車税事務所や市の軽自動車税課から延滞の通知が送られ、督促されます。督促状には支払がない場合には差し押さえもありますと書いてあるはずで、実際にまれに差し押さえられることもあるそうです。しかしこの自動車税が滞納していると名義変更が出来なかったり、廃車が出来なかったりする制度は公的にはありません。したがって、税金滞納があっても廃車することは可能です。また廃車した事によって滞納していた自動車税が免除されることもありません。ただし自動車税には他の税金同様に時効はありますので、時効になる場合もあります。時効期間は5年間ですが、督促がなされると時効がなくなります。つまり督促状がこなくなってから5年間と言うことになりますので、実際に時効になるのには長い時間が掛かることになります。自動車税に税金滞納があっても廃車は出来るのですが、例外もあります。それはディーラーなどの所有権が設定されていた場合です。この場合所有者はディーラーなどで使用者ではありませんので、所有者の実印と印鑑証明が必要になりますが、それをディーラーやローン会社に請求する時に、自動車税の納税証明書を提出すことを求められる為に、完納している必要があるからなのです。自動車税の納税義者は本来所有者です。所有権を設定している車は使用者に課税されますが、これは言わば特例であり、滞納が合った場合には所有者であるディーラー等にも納税の義務が生じる可能性があります。この為所有権が設定されている車では、自動車税を完納していないと廃車に必要な書類が入手できず手続きができないことになります。”