廃車が再登録されていた場合

廃車するつもりが再登録されていた


廃車するつもりで抹消登録した車を再登録して利用することは出来ます。もちろん既に解体して解体番号がでている車は無理ですが、そうでなく単に一時抹消までしてあるだけの車は当然再登録できます。元々一時抹消は、一時使用中止の為の手続きで、再び登録されることを前提としている登録だからです。
しかし廃車をして欲しいと業者に委託した車を無断で再登録された場合には困ることもあります。まず自動車税などの還付が行われないかもしれません。例えば最もよくない例としては、まだナンバープレートがある状態で依頼した場合には、更に車検も残っている場合に抹消登録せず名義変更した場合には、本来ならばあるはずの、自動車重量税、自動車税、自賠責保険の還付が全くないことになります。

また直接名義変更するのではなく、一旦抹消した場合でも、自動車重量税の還付は永久抹消が前提となっていますので、行われないことになります。ただし既に車検期間が切れている、あるいは残り期間が1ヶ月以下である場合は、永久抹消しても還付される税金等がないので同じになりますので気にする必要はないかもしれませんが、その場合でも再利用する事無く廃車にして欲しい場合は困ることになります。再利用するのではなく必ず解体して廃車にして欲しい時はそのことをきちんと伝えておくことが重要になると言えます。完全に解体したかどうかを確認する為に解体証明書を貰うのもいいかもしれませんが、解体証明書は解体業者が解体の通知番号等を知らせるための書類に過ぎないので、本物か偽造かも見ただけでは判断できないような簡単な書類ですので、少し不安かもしれません。永久抹消後に登録証明を取ってみれば既に登録がないことが確認できますが、それを業者に頼めば別に料金を請求されることになるでしょう。出来るのならそういう心配はしないですみそうな信頼の置ける業者に頼むのが良いのですが、その判断は中々難しいと言えます。”