廃車費用について

もっとも気になる廃車の費用について


車を廃車にする際、もっとも気になるのはその費用です。
そこでここでは、廃車の費用について説明をします。
それに関しましては、必ずしも一律で料金が定められているわけではありません。
車の状態や車種によって、廃車の料金も大きく変わってくるのです。

まずは、車をスクラップにしなければなりませんが、まずはスクラップにしてくれる業者に車を持ち込まなければなりません。
その際、自分で持ち込める状態であれば何の問題もありません。
ここでかかる料金は無料ということになります。
ただし、廃車にするということは、車が壊れていてとても動かなかったり、車検切れという場合も多いもの。
そうなると、仮ナンバーでも取得しない限り自走するのは出来ませんので、業者に引取りを依頼することになります。
業者は牽引車や積載車などで引取りをしにきますが、その際に10000円前後かかる場合もあります。

車を購入するとき、リサイクルの券というのをもらったかもしれません。
それがないと、車のリサイクルが出来ないのですが、リサイクル料金を支払っているのであれば、そのリサイクル料金を支払う必要はありません。
しかし、車のリサイクル料金を支払った憶えがないという人は、別途リサイクル料金を支払う必要があります。
これは、車の車種によって相場の料金が異なるものです。
軽自動車の場合には8000円ですが、国産の普通乗用車となりますと10000円、外国車ですと15000円、そして国産の大型車ともなりますと20000円というリサイクル料金となります。

これはあくまでも解体をするための料金であり、実際に廃車にするというのは、陸運支局に行って手続きをすることを意味します。
この手続きを自分で行えば無料となりますが、業者に代行をしてもらうとなりますと、これもまた手数料が発生してしまいます。

しかし、廃車にすると、必ずしもマイナスになるとは限りません。
スクラップにした自動車をただの鉄くずと見るか、それとも都市鉱山と見るかによって、その価値は大きく変わります。
後者の価値判断をする業者であれば、解体をする際にお金がもらえることもあるのです。
では、そのお金はどのくらいもらえるのでしょうか。
普通乗用車ですと、車種や状態によっても異なりますが10000円から30000円程度、軽自動車であっても3000円から10000円くらいのお金がもらえます。
前述したように、自分で持ち込み、リサイクル料金も支払い済みで、さらに手続きも自分でするのなら、逆にプラスとなります。”